グリーンライト

グリーンライト



 レッドフラッグの徴候がなければ「非特異的腰痛」「神経根症状」が当てはまり

 ます。この場合、自己限定性疾患なので、遅かれ早かれ時間が解決してくれます

■「非特異的腰痛」
腰やお尻、太ももの裏側に痛みを感じる場合で、姿勢や動作によって痛みが変化する(強くなったり楽になったり)という特徴があります。

■全腰痛患者に占める割合は80~90%で、6週間以内に90%の患者が自然に回復

(Frymoyer JW, N Engl J Med,1988)



■「神経根症状」
腰痛よりも下肢痛(主に片側か片側優位)のほうが強く、膝の下からつま先まで痛みが放散したり、痺れ知覚異常筋力低下がある場合です。

■全腰痛患者に占める割合は5~10%6週間以内に50%の患者が自然に回復

(Frymoyer JW, N Engl J Med,1988)



 ただしグリーンライトの場合でも、急性腰痛(発症後1ヶ月未満の腰痛)・亜急性

 腰痛(1~3ヶ月未満の腰痛)の内に手を打ち、慢性腰痛(3ヶ月以上続いている

 腰痛)に移行させない努力が必要になってきます。



■グリーンライトの内訳

 ■画像検査で確認できる脊椎分離症脊椎辷り症潜在性二分脊椎腰仙移行椎
  変形性脊椎症ショイエルマン病腰痛とは無関係で、全腰痛患者の85%以上
  は原因が特定できない非特異的腰痛

(van Tulder MW. et al, Spine, 1997)

 ■腰痛で外来を受診した患者の3%に脊柱管狭窄症4%に椎間板ヘルニア

(Deyo RA. et al, JAMA, 1992)


参考文献

 TMSジャパンメソッド バージョン2013