トリアージ

 まず腰痛になった時に、その腰痛の影に重大な疾病をかかえていないかを判断する必要があります。
 その過程をトリアージと呼びます。

 トリアージとはフランス軍の衛生隊が始めた野戦病院におけるシステムで
 負傷者を4つのカテゴリーに分けます。

 ◆黒 (Black Tag) カテゴリー0(死亡群)
  死亡、または、生命徴候がなく救命の見込みがないもの。

 ◆赤 (Red Tag) カテゴリーI(最優先治療群)
  生命に関わる重篤な状態で一刻も早い処置をすべきもの。

 ◆黄 (Yellow Tag) カテゴリーII(待機的治療群)
  赤ほどではないが、早期に処置をすべきもの。一般に、今すぐ生命に関わる重篤な状態ではないが、処置が必要
  であり、場合によって赤に変化する可能性があるもの。

 ◆緑 (Green Tag) カテゴリーIII(保留群)
  今すぐの処置や搬送の必要ないもの。完全に治療が不要なものも含む。

 ただし、これは紛争や災害時の判断なので腰痛の場合は、ニュアンスが
 変わってきます。


 腰痛でのトリアージ
  「レッドフラッグ
  「グリーンライト
  「イエローフラッグ
  に分類されます。


参考文献

 TMSジャパンメソッド バージョン2013
 ウィキペディアフリー百科事典