レッドフラッグ

レッドフラッグ

 腰痛での「レッドフラッグ」というのは、転移性脊椎腫瘍脊髄・馬尾腫瘍

 化膿性脊椎炎椎体骨折解離性大動脈瘤強直性脊椎炎閉塞性動脈硬化症

 馬尾症候群などの存在を疑わせる危険信号のことです。

 全腰痛患者に占める割合は1~5%でしかありませんが、
 絶対に見逃すわけにはいきません。

 具体的にはこういうサインがあります。

 ◆発症年齢が20歳以下か55歳以上

 ◆最近の激しい外傷歴(高所からの転落、交通事故など)

 ◆進行性の絶え間ない痛み(夜間痛、楽な姿勢がない、動作と無関係)

 ◆胸部痛

 ◆悪性腫瘍の病歴

 ◆長期間にわたる副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)の使用歴

 ◆非合法薬物の静脈注射

 ◆免疫抑制剤の使用

 ◆HIVポジティブ

 ◆全般的な体調不良

 ◆原因不明の体重減少

 ◆腰部の強い屈曲制限の持続

 ◆脊椎叩打痛

 ◆身体の変形

 ◆発熱

 ◆膀胱直腸障害とサドル麻痺(馬尾症候群の疑い)

(European COST, 2004)
(腰痛診療ガイドライン, 2012)



 このリストに該当するものがひとつでもあれば、必ず重大な病変があるという

 わけではありません。ですが、命にかかわるような病気がないことを確かめる

 ために、整形外科医を受診して画像検査と血液検査を受けて下さい。とりわけ、

 馬尾症候群に特有な膀胱障害(排尿困難、残尿感、尿失禁)、直腸障害(便失

 禁)サドル麻痺(肛門や会陰部の感覚消失)、外陰部のほてりや灼熱感(女性

 の場合)、陰茎の勃起(男性の場合)
が現れた時は緊急を要します。一刻も早

 く脊椎外科医の診察を受けるべき
です



レッドフラッグの内訳

 ■腰痛で外来受診した患者のうち重篤疾患が存在する頻度は、悪性腫瘍0.7%・
  圧迫骨折4%・脊椎感染症0.01%・強直性脊椎炎0.3%

(Jarvik JG & Deyo RA, Ann Intern Med, 2002)

 ■腰痛で外来を受診した患者のうち馬尾症候群が存在する頻度は0.04%

(Deyo RA. At el, JAMA, 1992)


参考文献

 TMSジャパンメソッド バージョン2013