イエローフラッグの取扱い

おはこんにちは
TMSジャパン腰痛治療セミナー
週末はTMSジャパンメソッド腰痛治療セミナーで大阪に行っておりました。
セミナー内で昨年に発売された「2012年腰痛ガイドライン」についての残念な指摘がありました。
私自身も備忘録のつもりで、無い頭で理解してブログにガイドラインについて書いたことがありましたが、イエローフラッグ(心理社会的要因)に関する指摘がぴったり一致していました。
諸外国のガイドラインでは初回からイエローフラッグも考慮するように勧告されているのですが、日本ではイエローフラッグにより慢性期に移行してから考慮しなさいとの取り上げ方をされているようです。どうりで定義の段階でイエローフラッグの記載が無かったわけです。

まだまだやるべき事はありそうですね。

コメント


認証コード1899

コメントは管理者の承認後に表示されます。