腰痛治療の新常識―113―

TMSジャパンメーリングリストより転載
■各国の腰痛診療ガイドラインレッドフラッグのない患者に画像診断をするなと勧告しているが、レッドフラッグは問診と簡単な理学検査で検出できる。しかし完全無欠というわけではない。感度と特異度もしっかり頭に入れておくべき。http://1.usa.gov/mJccsd
感度も特異度も100%という診断法はありません。時には勘がものをいうケースがあります。だからこそサイエンスだけでなくアートも重要なのです。

コメント


認証コード6829

コメントは管理者の承認後に表示されます。